読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膝の痛みの原因は変形性膝関節症?男性より女性に多いって本当?

朝に膝が痛い

膝の痛みにも色々原因がありますが、原因がはっきりとわからない場合は「変形性膝関節症」と診断されることが多いです。

 

主な症状は、立とうとした瞬間や歩き始めた時、何か次の動きをしようとした時などにズキズキとした痛みが膝に起こります。

 

変形性膝関節症は圧倒的に女性の方がおおいです。

 

じつはこれ、重力と関係していると言われています。

 

重力ならば男性も女性も関係ないと思うのですが、女性の方が筋肉が弱かったり関節が浅いなどの理由から、男性よりも女性の方が重力の負荷が多いんですね。

 

これは変形性膝関節症だけでなく、骨盤のゆがみや側弯症、股関節の変形や外反母趾、首が歪んでしまって起こる肩こりやめまい、頭痛などの自律神経失調症などが女性の方が多いのも、重力が関係していると言われています。

 

しかしこの女性の方が筋肉が弱いことや関節が浅いことにもちゃんと理由があります。

 

それは出産です。

 

出産をスムーズに安全にするために、男性より女性の方が筋肉が弱いそうです。

 

膝の痛みはとても辛いものなので、ウォーキングなどの軽い運動をしたり、ストレッチをしたりして、少しでも膝の痛みを楽にするように心がけて生活したいものです。